• ホーム
  • あれ?性器にイボができてる!これってコンジローマ?

あれ?性器にイボができてる!これってコンジローマ?

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(HPV)6、11型などが原因となって発症する性感染症です。
性器周辺にイボのような腫瘍ができることが特徴です。
ヒトパピローマウイルスは100種類以上のタイプがあります。
感染するヒトパピローマウイルスのタイプによって女性は子宮頸がん、男性は陰茎がんを引き起こすこともあるため注意が必要です。
尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルスは、皮膚や粘膜の小さな傷から侵入し、3週から数ヶ月の潜伏期間を経て皮膚にイボ状の突起や隆起性を作ります。
このイボ状の突起を放置すると少しずつ大きくなって数も増えてきます。
イボは手術で取り除くこともできるものですが、ヒトパピローマウイルス自体を完全に取り除くことは難しく、再発する可能性も高いため注意が必要です。
尖圭コンジローマとなると、その代表的な症状は性器や肛門周辺にイボ状の突起物ができるようになります。
男性と異なり、女性は性器をみる機会が少ないため症状に気づかないことも少なくありません。
その結果として、イボが大きくなってから気づくことも多く治療に時間がかかる場合が多いです。
ただし、大きくなったイボは接触や摩擦によって出血しやすく、2次感染を伴うとただれや壊死を起こし、悪臭を放つこともあります。
尖圭コンジローマはイボ以外の症状が出にくいため気が付きにくいことが特徴です。
尖圭コンジローマとなると、稀に軽い痛みや痒みがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。
尖圭コンジローマは、全ての性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染する性感染症です。
潜伏期間も比較的長いことからいつ感染したかわからないことも多いです。
もし感染してしまったら、早期発見・早期の治療が必要となります。
自然に治癒することもありますが、症状が軽いからと軽視して受診せずにいると病状を悪化させてしまうため注意が必要です。

コンジローマが大きいと外科的手術となることがある

尖圭コンジローマの治療ではイボを取り除いたり焼いたりする外科的手術と、ウイルスに対する免疫力を高める免疫賦活療法に分かれます。
感染範囲が広い場合やイボのサイズがまだ小さい場合には免疫賦活療法が採用される場合が多いです。
免疫賦活療法において最も広く使われている薬はベセルナクリームです。
ベセルナクリームはイミキモドを主成分とする薬剤です。
ベセルナクリームは、イボに直接塗ることによってウイルスに対する免疫力を高め、ウイルスの増殖を抑える効果がある薬です。
ウイルス感染細胞が障害を起こすことによってイボを消失させます。
ベセルナクリームは尖圭コンジローマの第一選択薬として非常に効果の高い薬ですが、副作用が出ることもあるため注意が必要です。
ほとんどの人で発赤・表皮の剥離・浮腫・痛みなどの副作用があらわれます。
副作用が非常に重い場合は石鹸を用い、水または温水で薬剤を洗い流したうえすぐに連絡することが大切です。
通常、ヒトパピローマウイルスに感染してから尖圭コンジローマを発症するまでには数週間から3ヶ月程度かかるといわれているため、治療が終了した後も最低3ヶ月は厳重な経過観察をして、再発の早期発見に努めることが必要です。
最低3ヶ月は様子を見守りましょう。
尖圭コンジローマが大きい場合には外科手術が必要となることがあります。
外科手術には凍結療法・電気焼灼・レーザー蒸散・外科的切除など様々な種類があります。
これらの治療中および治療後には、多少の痛みが出たり、傷痕が残る場合もあるため注意が必要です。
不用意にコンジローマの腫瘍にレーザーや電気メスによる外科的手術を行うとかえって周囲にヒトパピローマウイルスを拡散させてしまうことがあります。
外科的手術を行う場合には専門的な知識を持つ医師と十分に相談を行って手術に伴うリスクについて確認しておくことが大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧