• ホーム
  • 細菌感染にはミノサイクリンが効きます

細菌感染にはミノサイクリンが効きます

ミノサイクリンは、テトラサイクリン系に属する抗生物質の一種です。
有効成分はミノサイクリン塩酸塩であり、この成分は抗菌力に優れており細菌感染を防いでくれる働きがあります。
抗菌力に優れている理由に関しては、細菌が増殖するために必要となるたんぱく質の合成を阻害する作用がありそれによって抗菌作用を示すという仕組みです。
用法・用量に関しては、大人が使用する場合には初回の場合2錠から4錠程度服用します。
これは、ミノサイクリンとして100mgから200mgとなります。
それ以後は12時間ごとかまたは24時間ごとに2錠ほどを100mg程度を服用することで細菌感染が防げます。
しかし体重や年齢など色々な要素により適切な量が変わってくる面があるため気になる場合においては医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
用法に関する注意事項についてですが、服用するときには多めの水と一緒に服用するようにします。
その理由は薬が食道に停留することによって崩壊すると体に悪影響を与えてしまう可能性が考えられるためです。
主にこうしたケースでは最悪の場合、食道潰瘍を引き起こすことがあります。
飲むタイミングに関しては就寝直前の服用などはできるだけ避けておくようにしましょう。
時には飲み忘れてしまったというケースも考えられます。
そうしたときには気がついたときに1回分を飲むように定められています。
ただ、次に飲む時間が近い場合においては1回とばして、次回から指示どおりに飲むようにしましょう。
大事なことは、テトラサイクリン系に限ったことではないのですが絶対に2回分を一度に飲んではならないということです。
過去にアレルギーを引き起こしてしまった人の場合は、この薬を飲むことはできませんので注意します。
また、医師の指示を聞かないまま勝手に飲むことを止めないことも必須です。
その場合は、ウイルスが再活性化してしまうだけではなく薬に耐性ができてしまうこともあります。

ミノサイクリンの効果と注意点について

ミノサイクリンの効果は、様々な感染症の予防効果や治療効果を持っています。
のどや歯の炎症のほか、外傷または手術後の傷から二次感染してしまう可能性をできるだけ減らすことが可能です。
ニキビなどの治療としても使用されることもあり、効き目はかなり強力ですので適切な使用を行うことによってかなり症状を改善することができるといえるでしょう。
さらには、感染症だけではなく呼吸器の病気やツツガムシ病などの全身の病気までも薬効があり幅広く使用される薬です。
非定型肺炎や性感染症の治療目的にも用いられます。
注意点は、服用後の副作用に関してです。
主な副作用による症状については、浮腫・発熱・肝機能低下・過敏症・口内炎などです。
重大な副作用もあり、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性がまれにみられます。
ですので、異常に気付いた場合はすぐに服用を中止して医師や薬剤師に診てもらうようにします。
ミノサイクリンに限らず、薬の副作用は飲めば必ず出るというわけではないです。
また、以前出なかったとしてもその日の体調次第では症状が出てしまうこともあるため服用後に様子を見ることは必ずしておくようにしましょう。
飲み合わせに注意するべき薬及び食べ物があるため、この点も気を付けるべきポイントとなります。
薬や食べ物との併用で気を付けたいのは、カルシウム・マグネシウム・アルミニウムなどミネラル類を含む薬剤や食品との併用です。
これらの薬剤や食品は、ミノサイクリンの消化吸収を悪くしてしまう可能性があるため避けておきましょう。
黄体・卵胞ホルモン配合剤やピルなどと併用する場合も気を付けます。
併用することで黄体・卵胞ホルモン配合剤の効果を弱めたり不正性器出血の発現率が増大してしまう確率が高いためです。
ほかに、安全性の確立を目的として8歳未満の子供が服用しないように目の届かないところに保管しておく配慮は必須です。

関連記事